警戒に警戒を重ね、なるべく近付かないようにしていた。 ところが敵(?)もさるもの。わざわざピンポイントで話しか・・・